メインコンテンツに移動

2020.08.20

Dentsu Isobarの実践する​ シナリオ・プランニング​

新型コロナウイルスは予期せぬ形でビジネスを混乱に招きました。影響は当⾯続く可能性があるため、次に何をすべきかを知るのは難しい状況です。"ブラックスワン現象"として知られている新型コロナウィルス。
“ブラックスワン現象”の特徴は、その極端な稀少性、深刻な影響、そして「後から考えれば、それは当たり前」という考えが流布すること。つまり、事前準備ができる明らかな何かがあることを意味します。
ブランドが直⾯するシナリオを4つに分類し、ビジネスが危機に直⾯した際にも明確な道筋を⽣み出すシナリオ・プランニングについてご紹介しています。

詳細資料をダウンロードいただくことが可能です。

 

カーダー ジェネッサ Jenessa Carder

CXストラテジー本部付 バイスプレジデント
電通アイソバーにて、消費者体験(CX)戦略担当バイスプレジデント。美容、CPG、ハイテク、ヘルスケア、フィットネスなど様々な業界の世界中のクライアントに対して、キャンペーン、製品発売、デジタルエクスペリエンス、トランスフォーメーションプロジェクトにおいて10年以上のコンサルティング経験を持っています。

記事一覧

CX UPDATES TOP